銀行カードローン 消費者金融 違い

急な出費などでお金が必要となった時に便利なサービスとして利用をおすすめしたいのが、銀行カードローンとなります。
銀行カードローンはお金が必要となった時にATMから直ちに借り入れができますし、金利条件も消費者金融のキャッシングよりも良い条件となっていることが多いので、多くの人がお得に借り入れができるサービスとなっているのです。
銀行カードローンも消費者金融のキャッシングサービスも一見すると似たようなサービスのように感じられますが、その性質は似て非なるものです。
銀行カードローンと消費者金融のキャッシングにはどのような違いがあるのかについて解説をします。

 

サービス提供の基となっている法律が違う

銀行カードローンは銀行法という法律に基づいてサービス提供を行っており、消費者金融のキャッシングは貸金業法という法律に基づいてサービス提供を行っています。
難しい話はこの際省略するとして、法律が違うことで両者のカードローンが具体的にどう違うのかというと、総量規制の対象となっているか、なっていないか、という点が利用者に最も大きく関係する大きな違いとなります。

 

消費者金融のキャッシングの場合は、総量規制の対象となるので、年収の3分の1を超えるキャッシングは不可となっていますし、原則として専業主婦がサービスに申し込むことはできません。
一方で銀行カードローンの場合、総量規制対象外となっているので、年収の3分の1を超える借り入れが可能ですし、銀行によっては専業主婦も契約可能となっているのです。

 

利用限度額や金利条件が異なる

基本的には銀行の方が利用限度額が高い上に低金利となっているので、利用者がお得に借り入れできるのは銀行カードローンとなっています。
大手消費者として知られているアコム・アイフル・プロミスのキャッシングサービスと、メガバンク3行(三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行)のカードローンの条件を具体的に見てみましょう。

 

消費者金融の場合

アコムのキャッシング

利用限度額は最大で800万円、金利は年18.0%~3.0%

 

アイフルのキャッシングローン

利用限度額は最大で500万円、金利は年18.0%~4.5%

 

プロミスのフリーキャッシング

利用限度額は最大で500万円、金利は年17.8%~4.5%

 

メガバンクの場合

三井住友銀行カードローン

利用限度額は最大で800万円、金利は年14.5%~4.5%

三菱東京UFJ銀行バンクイック

利用限度額は最大で500万円、金利は年14.6%~4.6%

みずほ銀行カードローン

利用限度額は最大で1000万円、金利は年14.0%~3.0%

 

こうして比較してみますと、メガバンクのカードローンの最大金利の低さが目立ちます。
つまり初めてカードローン契約をする人や、少額の利用限度額で契約をする人の場合、銀行カードローンの方が遥かにお得に借り入れができる可能性が高いと考えて差し支えはないのです。
ぜひとも銀行カードローンを上手に利用してみてください。