銀行カードローン 基礎知識

銀行カードローンの基礎知識

専用のカードを使うことでATMから借り入れができ、借りたお金の使いみちは自由となっているフリーのローンの代表的なものとして、多くの金融機関が取り扱っているのがカードローンとなります。
カードローンはまとまったお金を借りた場合でも、毎月1回、約定日に元金と利息を合わせた一定額を返済していけば良いので、計画的な返済が可能となっています。
カードローンといえばメガバンクから大手消費者金融まで幅広い金融機関が取り扱いをしていますが、銀行カードローンにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

銀行カードローンは総量規制対象外となっています

貸金業法という法律に則ってサービス提供を行っている消費者金融系などのカードローンの場合、総量規制というルールのために、契約可能な限度額が制限されています。
総量規制というのは、利用者の借り過ぎを防ぐために制定された法律であり、自身の年収の3分の1を超える借り入れを禁止しています。つまり消費者金融などのカードローンを契約する場合、年収の3分の1を超える金額を限度額として契約することは不可能となっているのです。

 

一方で銀行カードローンの場合、貸金業法ではなく、銀行法という法律に則ってサービス提供を行っているため、銀行が審査を行った結果、可と判断すれば年収の3分の1を超える借り入れも可能となるのです。
そのため、消費者金融系のカードローンは原則として、自身に安定した収入がない専業主婦の契約申込は受け付けていませんが、総量規制対象外の銀行カードローンの場合は、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申込可能となっているケースが度々見受けられるのです。

 

銀行カードローンは低金利

消費者金融系のカードローンの場合、金利の最大値は18.0%に設定されていることが殆どですが、銀行カードローン(メガバンク)の場合は金利の最大値が14.6%から14.0%に設定されています。
銀行カードローンの方がお得に借り入れができると言っても過言ではないのです。

 

最短で即日利用も可能

銀行カードローンは大手消費者のカードローンと比べると、審査に時間がかかってしまったり、契約できるまでに多くの日数がかかってしまうと考えられがちですが、現在は殆どの銀行カードローンで即日審査・即日利用に対応しています。
メガバンク3行でも最短で即日利用が可能となっていますし、インターネットバンキングから申し込みを行うことで、本人確認書類や収入証明書などの書類提出が一切不要で契約できるケースも珍しくなくなってきています。

 

このように銀行カードローンには多くのメリットがありますし、ネットを利用することで来店不要での契約も可能となっています。
契約しておけばいざという人に非常に役立つサービスなので、ぜひとも利用をおすすめします。